長い文章を自動で要約してくれるWEBサービス「自動要約ツール」

長い文章を自動で要約してくれるWEBサービス「自動要約ツール」

長い文章を自動で要約してくれるWEBサービス「自動要約ツール」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自動要約ツールは、文章の重要な部分を自動的にピックアップして、要約してくれるWEBサービスです。

文字数は、10,000文字まで対応しています。

スポンサードリンク

自動要約ツールの使い方

自動要約ツールにアクセスして、文章を入力するか、テキストファイルをアップロードします。

文章の入力

[自動要約する]もしくは[ファイルを自動要約する]をクリックすると、結果が表示されます。

要約の結果

サンプルでは、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」の要約が確認できますので、どのように要約されるのかご紹介いたします。

元の文章は以下の通り。

ある日の事でございます。 御釈迦様おしゃかさまは極楽の蓮池はすいけのふちを、独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。 池の中に咲いている蓮はすの花は、みんな玉のようにまっ白で、そのまん中にある金色きんいろの蕊ずいからは、何とも云えない好よい匂においが、絶間たえまなく あたりへ溢あふれて居ります。 極楽は丁度朝なのでございましょう。 やがて御釈迦様はその池のふちに御佇おたたずみになって、水の面おもてを蔽おおっている蓮の葉の間から、ふと下の容子ようすを御覧になりました。 この極楽の蓮池の下は、丁度地獄じごくの底に当って居りますから、水晶すい>しようのような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗のぞき眼鏡めがねを見るように、はっきりと見えるのでございます。 するとその地獄の底に、かんだたと云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢うごめいている姿が、御眼に止まりました。 このかんだたと云う男は、人を殺したり家 に火をつけたり、いろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが、それでもたった一つ、善い事を致した覚えがございます。 と申しますのは、ある時この男が深い林の中を通りますと、小さな蜘蛛くもが一匹、路ばたを這はって行くのが見えました。 そこでかんだたは早速足を挙げて、踏み殺そうと致し ましたが、「いや、いや、これも小さいながら、命のあるものに違いない。その命を無暗むやみにとると云う事は、いくら何でも可哀そうだ。」と、こう急に思い返して、とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからでございます。 御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、このかんだたには蜘蛛>を助けた事があるのを御思い出しになりました。 そうしてそれだけの善い事をした報むくいには、出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。 幸い、側を見ますと、翡翠ひすいのような色をした蓮の葉の上に、極楽の蜘蛛が一匹、美しい銀色の糸をかけて居ります。 御釈>迦様はその蜘蛛の糸をそっと御手に御取りになって、玉のような白蓮しらはすの間から、遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを御下おろしなさいました。

これが、以下のように要約されます。

3行ダイジェスト

三途の河や針の山の景色が、丁度覗のぞき眼鏡めがねを見るように、はっきりと見えるのでございます。
御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、このかんだたには蜘蛛>を助けた事があるのを御思い出しになりました。
幸い、側を見ますと、極楽の蜘蛛が美しい銀色の糸をかけて居ります。

5行ダイジェスト

やがて御釈迦様は池のふちに御佇おたたずみになって、水の面おもてを蔽おおっている蓮の葉の間から、ふと下の容子ようすを御覧になりました。
三途の河や針の山の景色が、丁度覗のぞき眼鏡めがねを見るように、はっきりと見えるのでございます。
と申しますのは、ある時この男が深い林の中を通りますと、小さな蜘蛛くもが一匹、路ばたを這はって行くのが見えました。
御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、このかんだたには蜘蛛>を助けた事があるのを御思い出しになりました。
幸い、側を見ますと、極楽の蜘蛛が美しい銀色の糸をかけて居ります。

10行ダイジェスト

おしゃかさまは極楽の蓮池は独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。
やがて御釈迦様は池のふちに御佇おたたずみになって、水の面おもてを蔽おおっている蓮の葉の間から、ふと下の容子ようすを御覧になりました。
三途の河や針の山の景色が、丁度覗のぞき眼鏡めがねを見るように、はっきりと見えるのでございます。
するとその地獄の底に、かんだたと云う男が一人、ほかの罪人と一しょに蠢うごめいている姿が、御眼に止まりました。
に火をつけたり、いろいろ悪事を働いた大泥坊でございます。
と申しますのは、ある時この男が深い林の中を通りますと、小さな蜘蛛くもが一匹、路ばたを這はって行くのが見えました。
御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、このかんだたには蜘蛛>を助けた事があるのを御思い出しになりました。
そうしてそれだけの善い事をした報むくいには、出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。
幸い、側を見ますと、極楽の蜘蛛が美しい銀色の糸をかけて居ります。
御釈>迦様はその蜘蛛の糸をそっと御手に御取りになって、玉のような白蓮しらはすの間から、遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを御下おろしなさいました。

あとがき

精度も結構高いと思います。さすがに3行ダイジェストだとよくわからないですが、5行・10行になるとおおまかな流れが理解できますね。

長い文章を読む暇がない時は、自動要約ツールを使って要約してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。