管理画面上でショートコードを作成・管理できるWordPressプラグイン「Snippy」

管理画面上でショートコードを作成・管理できるWordPressプラグイン「Snippy」

管理画面上でショートコードを作成・管理できるWordPressプラグイン「Snippy」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Snippyは、WordPressの管理画面上でショートコードを作成・管理できるプラグインです。

頻繁に使うコードを簡単にショートコード化することができます。

スポンサードリンク

Snippyのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Snippyをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Snippyを有効化します。

Snippyの使い方

コードの追加

まずは、[Snippy] – [Add Bits]にアクセスし、コードを追加します。

コードの追加

Nameには任意の名前、Typeで種類を選択してコードを入力します。

入力が完了したら、[Save]を押下して保存します。

ショートコードの設定

続いて、[Snippy] – [Add Shortcode]にアクセスして、ショートコードの設定を行います。

ショートコードの設定

Nameにショートコードの名前を入力し、Bitsから対象のコードを選択します。ショートコード名で使える文字列は、「a-z」「_」「-」のみです。

[Save]で保存すれば設定完了です。

ショートコードの挿入

投稿編集画面にアクセスすると、ショートコード挿入ボタンが追加されているので、ボタンをクリックして挿入したいショートコードを選択します。

ショートコードの挿入

あとがき

ショートコードを管理するものとしては、以前紹介した「Global Content Blocks」というプラグインもありますので、よかったらチェックしてみてください。ただ、Snippyは投稿エディターにボタンも追加されるので、Snippyの方が使いやすいかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。