Contact Form 7のフォームにページタイトルやURLなどを隠し項目(hidden)で設定できるようになるWordPressプラグイン「Contact Form 7 Modules」

Contact Form 7のフォームにページタイトルやURLなどを隠し項目(hidden)で設定できるようになるWordPressプラグイン「Contact Form 7 Modules」

Contact Form 7のフォームにページタイトルやURLなどを隠し項目(hidden)で設定できるようになるWordPressプラグイン「Contact Form 7 Modules」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Contact Form 7 Modulesは、Contact Form 7のフォームを設置しているページのタイトルやURL、投稿カテゴリーなどを隠し項目(hidden)として送信できるようになるWordPressプラグインです。

スポンサードリンク

Contact Form 7 Modulesのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Contact Form 7 Modulesをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Contact Form 7 Modules: Hidden Fieldsを有効化します。

必要な場合は「Contact Form 7 Modules: Send All Fields」も有効化します。Contact Form 7 Modules: Send All Fieldsについては後述します。

Contact Form 7 Modulesの使い方

WordPress管理画面の[お問い合わせ]メニューからコンタクトフォームの編集画面を開くと、「hidden」という項目が追加できるようになっています。

Contact Form 7 Modulesの使い方

[hidden]をクリックしてValueに下記の値を入れることで、ページのタイトルやURLを送信できます。

hiddenパラメータの設定

post_title ページタイトル
post_url ページのURL
post_category 投稿のカテゴリー
post_date 投稿日
post_author 投稿した著者名
user_name ユーザー名
user_id ユーザーID
user_email ユーザーのメールアドレス
user_display_name ユーザーの表示名

あとは、通常のテキスト項目などと同じように、対応するメールタグ([hidden-○○])をメールタブ上の項目に挿入する必要があります。

すべての項目を一括送信する方法

Contact Form 7 Modulesをインストールすると、「Contact Form 7 Modules: Send All Fields」というプラグインも出てきたと思います。

このContact Form 7 Modules: Send All Fieldsを有効化すると、フォームのメールタブで一つずつ送信する項目を設定しなくても、一括してすべての項目を送信できるようになります。

使い方は簡単で、メールタブでメッセージ本文に[all-fields]を入れるだけです。

すべての項目を一括メール送信

これで、フォームに設定されている項目がすべてメッセージ本文として送信されます。

あとがき

使い方も簡単で便利ですね。Contact Form 7のフォームで隠し項目としてページタイトルやURLなどを送信したい時は、ぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。