Googleウェブマスターツール「所有者の確認」に新機能の追加と変更

Googleウェブマスターツール「所有者の確認」に新機能の追加と変更

Googleウェブマスターツール「所有者の確認」に新機能の追加と変更
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • Youtube動画変換・ダウンロードおk!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleが提供するウェブマスターツールの「所有者の確認」に新機能が追加され、一部機能に変更も施されたとWebmaster Central Blogで発表がありました。

今回変更が加えられた点について簡単に解説したいと思います。

スポンサードリンク

新機能.所有者の認証方法確認

どのような認証方法で所有者を確認したか、管理画面で確認することができるようになりました。

ウェブマスターツールにログインして、確認したいサイトの [設定] – [ユーザー] – [サイト所有者の管理] から確認することができます。「詳細」をクリックすると、具体的な認証方法を確認することができます。

所有者の確認

変更点1.サイト所有者の解除

サイト所有者の認証を解除するためには、そのサイト所有者の認証を行った手順を先に削除するよう手順が変更されました。例えばメタタグで所有者の確認を行っていた場合、そのメタタグを削除する前にサイト所有者の認証を解除しようとすると、エラーメッセージが表示されるようになりました。

エラーメッセージ

変更点2.CNAMEレコードの文字列

CNAMEレコードでサイト所有者を確認する時の文字列が短くなりました。さらに多くのDNSレコードに対応することが目的です。

あとがき

これでサイト所有者の管理がよりやりやすくなったのではないでしょうか。もっと詳細を知りたいという方は、公式ブログをご参照いただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。