背景色やフォントなどを指定するとWCAGをもとに最適な文字色を提案してくれる「COLOR SAFE」

背景色やフォントなどを指定するとWCAGをもとに最適な文字色を提案してくれる「COLOR SAFE」

背景色やフォントなどを指定するとWCAGをもとに最適な文字色を提案してくれる「COLOR SAFE」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ベテランカードホルダーが厳選したおすすめのクレジットカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

COLOR SAFEは、背景色やフォントやフォントサイズを指定することで、WCAGをもとに最適なテキストカラーを提案してくれるWEBサービスです。WCAGとは、W3Cが提唱しているWebページのアクセシビリティに関するガイドラインのことです。

背景色に対して、より視認性の高い色をピックアップしてくれます。テキストカラーに悩んだときは、ピックアップされた色の中から選ぶといい感じに仕上がると思います。

スポンサードリンク

COLOR SAFEの使い方

COLOR SAFEの使い方は、以下の通りです。

1. COLOR SAFEにアクセスします。
2. [GET STARTED]をクリックします。

GET STARTED

3. 背景色などを指定していきます。

背景色やフォントの指定

Background Color 背景色
Font-Family フォント
Font-Size フォントサイズ
Font-Weight 文字の太さ
WCAG Standard WCAGのレベル?AAのままで十分です。
Editable Text 表示するテキスト

4. [GENERATE COLOR PALLETE]をクリックすると、ピックアップされた色が表示されます。

ピックアップされたテキストカラー

5. ピックアップされた色をクリックすると、上部に表示されたテキストの色が変わります。

左上に表示されるカラーコードをクリックするとコピーされるので、そのままCSSなどに貼り付け可能です。

「HEX」のところをクリックすると、表示する値をHEXとRGBで切り替えることもできます。

HEXとRGBを切り替える

あとがき

WCAGに基づいて提案してくれるというのが素晴らしいですね。

テキストカラーに悩んだときは、ぜひお試しください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。