簡単にスライドを作成して共有できるWEBサービス「Slides」

簡単にスライドを作成して共有できるWEBサービス「Slides」

簡単にスライドを作成して共有できるWEBサービス「Slides」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • Youtube動画変換・ダウンロードおk!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Slides は手軽にHTML形式のスライドを作成して、それをWEBで共有することができるサービスです。

スポンサードリンク

Slidesの使い方

1. Slidesにアクセスします。
2. 「Get Started」をクリックします。

GetStart

3. アカウント登録してサインインします。FacebookやGoogle+アカウントでもサインイン可能です。

アカウント登録

4. サインインしたら、トップページに戻って「New Deck」をクリックします。右上にある「New Deck」ボタンでもいいです。

NewDeck

5. まずは最初のページの作成画面が出てくるので、あとはスライドを作成していきます。

スライドの作成

6. スライドが完成したら、左上の保存ボタンをクリックしてスライドを保存します。

スライドの保存

太字や下線などは上部に表示されるツールバーから簡単に設定できますし、右と下のプラスマークをクリックすると、クリックした方向にスライドを追加します。作成途中でプレビューを見たい時は、左上にある目のマークをクリックすれば確認することができます。

スライド全体の細かい設定は、左メニューから設定します。

Slidesの機能

左メニューから設定できる項目について簡単に紹介します。

Settings

スライドのタイトルや説明など、スライド全体に関する設定を行えます。

タイトルや説明の設定

Style

スライドの色やフォントなどを設定できます。

スライドの色やフォントの設定

Arrange

これはよくわかりませんでした。。。

More

ここから有料プランにアップグレードすることができます。

有料プランへのアップグレード

スライドの公開

「Your decks」にアクセスすると、自分のスライド一覧が表示されます。共有したいスライドにアクセスして、URL をシェアしましょう。

スライド一覧

また、スライドを保存したら、スライド編集画面で左メニューに「Export」と「Share」という項目が出てきます。

Export

Export をクリックすると、HTMLのソースコードが表示されます。手動で自身のサイト内にスライドを挿入したい場合は、こちらのコードを使うことでスライドを埋め込むことができます。ただ、手動でサイトにスライドを埋め込む場合は reveal.jsも設置する必要があります。

HTMLソースコードの取得

Share

Share をクリックすると、URLが表示されます。表示されたリンクにアクセスしてもらうことで、自分のスライド一覧を見せることができます。ただ、ここで表示されるリンクはあくまでスライドの一覧ページなので、スライド自体にアクセスしてもらいたいときは、一覧ページからスライドにアクセスした時の URL を共有しましょう。

スライドの共有

あとがき

slid.es というドメインがなかなか秀逸ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。