WordPressのSEO対策はこれ1つでOK!?内部SEOプラグイン「ALL in One SEO Pack」

WordPressのSEO対策はこれ1つでOK!?内部SEOプラグイン「ALL in One SEO Pack」

WordPressのSEO対策はこれ1つでOK!?内部SEOプラグイン「ALL in One SEO Pack」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ALL in One SEO Packは、<title>タグを変更したりメタタグを追加したりといった、内部SEO対策を管理するためのWordPressプラグインです。

WordPressのSEO対策はこれ一つでOKと言っても過言ではないくらい、様々なSEO対策を実施することが可能です。

スポンサードリンク

ALL in One SEO Packのインストール

インストール手順は他のプラグインと同じです。

1. ALL in One SEO Packをダウンロードします。
2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
3. 管理画面の[プラグイン]ページで、ALL in One SEO Packプラグインを有効化します。

ALL in One SEO Packの設定

プラグインを有効にしただけでは、ALL in One SEO Packはまだ機能しません。管理画面で [設定] – [ALL in One SEO] にアクセスして、設定を行いましょう。

ALL in One SEO Pack設定

各設定の詳細は以下の通りです。

プラグイン状況

「Enabled」を選択すると、プラグインが有効になります。

ホームタイトル

トップページのタイトルを変更します。ここで設定した内容がトップページの<title>に入ります。パッと見でどんなサイトかわかるように設定しましょう。

ホーム詳細(Description)

トップページのdescription属性を設定できます。サイトの説明文をわかりやすく入れておきましょう。

ホームキーワード(コンマで区切る)

トップページのkeywords属性を設定できます。サイトに関連するキーワードを3個程度設定しておきましょう。

Canonical URLs

チェックを入れるとカノニカル属性を追加できます。カノニカルとは、重複コンテンツがあった場合に優先するページを指定するメタタグです。

投稿タイトルのフォーマット

投稿記事の<title>タグのフォーマットを設定します。デフォルトだと「%post_title% | %blog_title%」になっているので、「投稿記事です。」というタイトルの記事を投稿すると、「投稿記事です。 | サイト名」というタイトルになります。

固定ページタイトルフォーマット

固定ページの<title>タグフォーマットを設定します。

カテゴリータイトルのフォーマット

カテゴリーページの<title>タグフォーマットを設定します。

アーカイブのタイトルフォーマット

アーカイブページの<title>タグフォーマットを設定します。

タグのタイトルフォーマット

タグページの<title>タグフォーマットを設定します。

検索時のタイトルフォーマット

検索結果ページの<title>タグフォーマットを設定します。

404エラーのタイトルフォーマット

404エラーページの<title>タグフォーマットを設定します。

Custom Post Types for SEO Column Support

投稿毎にkeywordsやdescriptionを変更したい場合は、postやpageを選択します。postは投稿ページ、pageは固定ページを指します。デフォルトですべて選択されているので、投稿毎に変更可能にしておきたい場合はそのままでOKです。

Google Analytics ID

GoogleアナリティクスのトラッキングID(UA-12345678-9など)を入力しておけば、サイトにトラッキングコードを埋め込んでくれます。

メタキーワードとしてカテゴリーを使う

チェックを入れると、自動でカテゴリをkeywordsに入れます。

メタキーワードとしてタグを使う

チェックを入れると、自動でタグをkeywordsに入れます。

カテゴリーをnoindexにする

チェックを入れると、カテゴリページをnoindexにします。noindexにすると、そのページは検索エンジンにインデックスされなくなります。

アーカイブをnoindexにする

チェックを入れると、アーカイブページをnoindexにします。

タグをnoindexにする

チェックを入れると、タグページをnoindexにします。

固定ページを除外する

ALL in One SEO Packで制御したくない固定ページがあったら、URLを入力します。

投稿のヘッダーに追加記入

投稿ページの<head>内に追加で入力したい項目があったら、ここに入力します。

固定ページのヘッダーに追加記入

固定ページの<head>内に追加で入力したい項目があったら、ここに入力します。

トップページのヘッダーに追加記入

トップページの<head>内に追加で入力したい項目があったら、ここに入力します。

設定が完了したら、[設定を更新]をクリックして保存します。

投稿毎に設定を変える

「Custom Post Types for SEO Column Support」でpostを選択しておけば、各投稿毎にタイトルやkeywordsなどを変更することができます。

投稿画面に以下のような設定項目が出てきますので、投稿毎にユニークな内容になるように手動で設定してあげるとより良いSEO対策になります。

投稿毎のSEO対策

タイトル:記事の<title>タグを変更できます。
詳細(Description):記事ページのdescription属性を変更できます。
キーワード(コンマで区切って下さい):記事ページのkeywords属性を変更できます。
このページ・投稿には利用しません。:チェックを入れると、ALL in One SEO Packがその記事では機能しません。

「タイトル」や「詳細」は、サイト内で重複するとSEO的にはマイナスになるので、ユニークな内容を記事毎に設定してあげるといいですね。

あとがき

当ブログでも内部SEO対策にはALL in One SEO Packを利用しています。このプラグイン一つで、やるべき内部SEO対策はほとんどできちゃうんじゃないかなと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。