テキストエディタを見やすくカスタマイズできるWordPressプラグイン「HTML Editor Syntax Highlighter」

テキストエディタを見やすくカスタマイズできるWordPressプラグイン「HTML Editor Syntax Highlighter」

テキストエディタを見やすくカスタマイズできるWordPressプラグイン「HTML Editor Syntax Highlighter」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HTML Editor Syntax Highlighterは、WordPressのテキストエディタを見やすくカスタマイズすることができるプラグインです。投稿・固定ページ・カスタム投稿タイプ・テーマ編集・プラグイン編集にて利用可能です。

スポンサードリンク

HTML Editor Syntax Highlighterのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. HTML Editor Syntax Highlighterをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、HTML Editor Syntax Highlighterを有効化します。

HTML Editor Syntax Highlighterの使い方

プラグインを有効化したら、投稿編集画面にアクセスしてエディタを[テキスト]モードに切り替えます。以下のように、通常のエディタよりも見やすく変更されています。

HTML Editor Syntax Highlighterの画面

右上にある設定ボタンをクリックすると、エディタのテーマを変更したり、インデントなどを調整することができます。

HTML Editor Syntax Highlighterの設定

Theme エディタのテーマ
Indent インデント
Line Wrap 行の折り返し
Numbering 行番号の表示
Font Size 文字サイズ
Line Height 行間
more… さらに詳細な設定

自分の好みに合った設定にカスタマイズしましょう。

あとがき

以前紹介した「WP Editor」はテーマとプラグインの編集画面がカスタマイズできますが、HTML Editor Syntax Highlighterは投稿画面でも使えるのが特長です。

テキストエディタをよく使うサイトに導入すると、編集がしやすくなりますね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。