ログイン画面のURLを変更することができるWordPressプラグイン「Login rebuilder」

ログイン画面のURLを変更することができるWordPressプラグイン「Login rebuilder」

ログイン画面のURLを変更することができるWordPressプラグイン「Login rebuilder」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Login rebuilderは、WordPressのログイン画面のURLを変更することができるプラグインです。

WordPressは世界中で最も使われているCMSですが、その分攻撃の対象になりやすいという側面も持ち合わせています。WordPressのログインファイルがwp-login.phpであることは、WordPressを使ったことがある人なら誰でも知っているため、悪意を持ったユーザーから狙われてしまいます。

Login rebuilderは、ログイン用のファイルを別に生成して、ログインURLを変更するプラグインです。そのため、セキュリティの強化につながります。

スポンサードリンク

Login rebuilderのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Login rebuilderをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Login rebuilderプラグインを有効化します。

Login rebuilderの設定

管理画面の[設定] – [ログインページ]にアクセスし、各設定項目を埋めていきます。

Login rebuilderの設定

無効なリクエスト時の応答 新しいログインファイルを有効化した後にwp-login.phpにアクセスがあった場合の挙動
ログインファイル キーワード ランダムな文字列が入ります。好きな文字列に変更してもOKです。
新しいログインファイル 新しいログインファイルの名前
第2ログインファイル 管理者以外の権限グループのみがログインできるログインページを設置する場合に使用
ステータス 「稼働中」に変更すると新しいログインファイルが有効化
ログ保存 ログを保存するかどうかの設定

新しいログインファイルの右側に、「書き込み可能」か「書き込み不可」と表示されます。「書き込み可能」の場合は何もする必要はありませんが、「書き込み不可」の場合は手動で新しいログインファイルをルートディレクトリにアップロードする必要があります。

以下のようなコードが表示されているので、コードを新しいログインファイル名で保存して、アップロードしてください。

<?php
define( 'LOGIN_REBUILDER_SIGNATURE', 'kNvCG238' );
require_once './wp-login.php';
?>

ステータスを「稼働中」に変更して、[変更を保存]で設定を反映させれば、ログインURLが変更されます。

あとがき

ログインURLを変更することで、不正アクセスを狙うユーザーを門前払いすることができますね。

ちなみに、http://サイトアドレス/wp-admin/にアクセスした場合は、wp-login.phpにリダイレクトされるため、リダイレクトによって新しいログインURLがばれる心配はありません。

WordPressのセキュリティ対策の一環として、導入してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。