WordPressの投稿編集画面を開くときに必ずテキストモードで開くようにする方法

WordPressの投稿編集画面を開くときに必ずテキストモードで開くようにする方法

WordPressの投稿編集画面を開くときに必ずテキストモードで開くようにする方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressの投稿変種画面には、ビジュアルエディタとテキストエディタの2種類の投稿エディタがあります。テキストモードではHTMLを直接入力することができるのですが、一旦ビジュアルモードに切り替えると自動整形機能によって思わぬ変更が加えられることがあります。

それを防ぐために編集画面を開いた時は、必ずテキストモードで開くようにする方法をご紹介いたします。

そもそもビジュアルモードを無効化する方法もありますが、今回ご紹介する方法は、ビジュアルモードを使えなくするわけではなく、あくまで開いた時にテキストモードにする方法なので、ビジュアルモードへの切り替えは可能です。

スポンサードリンク

WordPressの投稿編集画面を開くときに必ずテキストモードで開くようにする方法

適用しているテーマのfunctions.phpに以下を追加するだけです。

functions.php
add_filter( 'wp_default_editor', create_function('', 'return "html";') );

通常は、前回編集画面を閉じた時にビジュアルモードだった場合は、次に編集画面を開くとビジュアルモードで開かれるようになります。上記を追加することで、前回もモードに関係なく、テキストモードで開くようになります。

固定ページのみ、テキストモードで開くようにしたい場合は、以下のように記述します。

functions.php
function open_text_editor_pages() {
global $typenow;
if ($typenow == 'page') {
add_filter( 'wp_default_editor', create_function('', 'return "html";') );
}
}
add_action('load-post.php', 'open_text_editor_pages');
add_action('load-post-new.php', 'open_text_editor_pages');

「$typenow == ‘page’」の部分で投稿タイプを指定します。

あとがき

自動整形された状態で上書き保存してしまうリスクを軽減することができますね。完全に0になるわけではありませんが…

基本はHTMLモードで編集するけど、ビジュアルモードも使うよ、という場合はぜひお試しください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。