設定がわかりやすいWordPressのキャッシュプラグイン「WP Fastest Cache」

設定がわかりやすいWordPressのキャッシュプラグイン「WP Fastest Cache」

設定がわかりやすいWordPressのキャッシュプラグイン「WP Fastest Cache」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • SoftBank光はどこよりも安くてお得!詳細はコチラから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WP Fastest Cacheは、WordPressのキャッシュプラグインです。キャッシュ系プラグインといえば、設定が複雑になりがちですが、WP Fastest Cacheは設定項目もシンプルでわかりやすいです。

スポンサードリンク

WP Fastest Cacheのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. WP Fastest Cacheをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、WP Fastest Cacheを有効化します。

WP Fastest Cacheの設定

管理画面の左メニューに[WP Fastest Cache]が追加されるので、アクセスします。

まずは、[Settings]タブでLanguageを「日本語」に変更しましょう。設定項目が日本語化されます。

言語の変更

ちなみに、パーマリンク設定が「基本」になっていると、「You have to set permalinks」というメッセージが表示され、言語を変更できません。

設定

[設定]タブでは、WP Fastest Cacheプラグインの設定を行えます。

設定

キャッシュ(Cache System) キャッシュの有効化
Preload 自動的にキャッシュを生成
ログインユーザー(Logged-in Users) ログインユーザーの場合キャッシュを無効化
モバイル(Mobile) モバイル端末の場合キャッシュを無効化
モバイルテーマ(Mobile Theme) ※有料版のみ モバイル向けテーマのキャッシュを有効化
新しい投稿(New Post) 新しい投稿をするとキャッシュをクリア
HTML の圧縮(Minify HTML) HTMLの圧縮
HTML の圧縮プラス(Minify HTML Plus) ※有料版のみ HTML圧縮の強化
CSS の圧縮(Minify Css) CSSの圧縮
Minify Css Plus ※有料版のみ CSS圧縮の強化
CSS の結合(Combine Css) CSSの結合
Minify Js ※有料版のみ JavaScriptの圧縮
JS の結合(Combine Js) JavaScriptの結合
JS の結合プラス(Combine Js Plus) ※有料版のみ JavaScript結合の強化
Gzip 圧縮(Gzip) リソースをGzip圧縮
ブラウザキャッシュ(Browser Caching) ブラウザキャッシュの有効化
言語(Language) 言語
キャッシュの削除

[キャッシュの削除]タブでは、生成されたキャッシュのクリアができます。

キャッシュの削除

[キャッシュの削除]ボタンをクリックすると生成されたキャッシュが削除され、[キャッシュと圧縮されたCSS/JSファイルを削除]をクリックすると圧縮されたCSSやJavaScriptも削除されます。

また、キャッシュの削除は、アドミンバーに表示される[WPFC]からも実行可能です。

アドミンバーのキャッシュクリアボタン

キャッシュの有効期限

[キャッシュの有効期限]タブでは、キャッシュの有効期限を設定できます。

[Add New Rule]をクリックして、キャッシュをクリアするまでの間隔を設定します。

キャッシュの有効期限

除外する

[除外する]タブでは、キャッシュを無効化するページを設定できます。

[Add New Rule]をクリックして、除外したいページを指定します。特定のページを指定したい場合は、「If REQUEST_URI」で”Is Equal To”を選択して、URLを入力します。

除外設定

CDN

[CDN]タブでは、使用するCDNの設定が行えます。CDNを使用している場合は、アカウントを追加しましょう。

注意点

WP Fastest Cacheを有効化すると、wp-contentの配下に「cache」というディレクトリが生成されます。cacheディレクトリの中にキャッシュファイルを保存しているわけですが、このcacheディレクトリはプラグインを削除しても残ります。そのため、プラグインを削除した後に手動でcacheディレクトリを削除する必要があります。

また、環境によっては他のプラグインやテーマと衝突して正常に動作しない場合もあるかと思います。十分に検証を行ったうえで導入した方が良いです。導入前は必ずバックアップも取得しておきましょう。

あとがき

設定項目もそこまでボリュームがあるわけでなく、日本語化もできるのでわかりやすいですね。

キャッシュプラグインの導入をお考えの方は、WP Fastest Cacheも選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。