様々なファイルの形式を変換することができるWEBサービス「CloudConvert」

様々なファイルの形式を変換することができるWEBサービス「CloudConvert」

様々なファイルの形式を変換することができるWEBサービス「CloudConvert」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ベテランカードホルダーが厳選したおすすめのクレジットカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CloudConvertは、ファイルの形式を変換することができるWEBサービスです。例えば、画像からPDFを作成したり、音楽ファイルをwmaからmp3に変換する、といったことができます。

なんと208種類ものフォーマットに対応していて、ありとあらゆるファイルの変換が可能です。対応フォーマットについては、こちらで確認することができます。

スポンサードリンク

CloudConvertの使い方

ステップ1. ファイルの選択

まずはCloudConvertにアクセスして、変換したいファイルを選択します。

ファイルの選択

[Select Files]をクリックしてファイルを選択するか、画面内にファイルをドラッグ&ドロップします。

ステップ2. 変換するファイル形式の指定

次に「select output format」で、変換したいファイルの形式を指定します。

変換形式の選択

今回は音楽ファイルをwavからmp3に変換してみました。

ステップ3. ファイルの変換

ファイル形式の指定ができたら、「convert it」で通知や保存先の設定をします。

通知などの設定

「Notify me when it is finished」にチェックを入れると変換完了時にポップアップで通知されます。「Save file to my…」のところでは、保存先にDropboxやGoogleドライブなどを指定することができます。

変換開始

指定が完了したら、[Start Conversion]をクリックします。

ステップ4. ファイルのダウンロード

ファイルの変換が完了したら、「Conversion finished!」と表示されます。[Download]ボタンをクリックして、ファイルをダウンロードしましょう。

ファイルのダウンロード

無料利用の制限について

CloudConvertを無料で使うには、容量などに制限があります。登録なしで利用する場合は、利用時間が1日に10分、容量は1日に100MBまでとなっています。

CloudConvertの制限

無料登録をするだけでも、時間が1日あたり25分、容量が1日あたり1GBまでになります。それ以上を望む場合は、有料プランも用意されているので、申し込みを検討してみてください。

あとがき

ファイル形式を変換できるサービスは色々とありますが、こんなにたくさんのフォーマットに対応しているのはなかなかないですよね。とりあえずCloudConvertを知っていれば、事足りてしまいます。

制限があるものの、無料で利用できるのは素晴らしいですし、これくらいの制限であれば十分使えるのではないでしょうか。私はとりあえず無料登録で利用していますが、登録すると変換したファイルの履歴も残って便利です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。