独自のカスタムフィールドを追加できるWordPressプラグイン「Custom Field Template」

独自のカスタムフィールドを追加できるWordPressプラグイン「Custom Field Template」

独自のカスタムフィールドを追加できるWordPressプラグイン「Custom Field Template」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • Youtube動画変換・ダウンロードおk!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Custom Field Templateは、独自のカスタムフィールドを管理画面上から追加することができるWordPressプラグインです。

以前紹介したAdvanced Custom Fieldsに比べると、取っつきにくさはありますが、かなり細かく設定することができます。

スポンサードリンク

Custom Field Templateのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Custom Field Templateをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、カスタムフィールドテンプレートを有効化します。

Custom Field Templateの使い方

Custom Field Templateの使い方

[設定] – [カスタムフィールドテンプレート]にアクセスすると、カスタムフィールドの設定ができます。「TEMPLATE #0」には、サンプルの設定が入っています。これは上書きしても良いですし、設定の参考のために無効化して残しておいてもOKです。

以下の項目を設定していきます。

投稿タイプ カスタムフィールドを使用する投稿タイプの選択
カスタムポストタイプ カスタムフィールドを使用するカスタム投稿タイプ
Post ID 特定の投稿のみで使いたい場合はIDを指定
カテゴリーID 特定のカテゴリーのみで使いたい場合はIDを指定
ページテンプレートファイル名 特定のページテンプレートのみで使いたい場合はファイル名を指定
テンプレートコンテンツ カスタムフィールドの追加

テンプレートコンテンツに追加したいカスタムフィールドを以下のような感じで設定します。

[カスタムフィールド名(英数字)]
type = text
size = 35
label = テキスト
[カスタムフィールド名(英数字)]
type = textarea
rows = 4
cols = 40
tinyMCE = true
htmlEditor = true
mediaButton = true
label = テキストエリア
[カスタムフィールド名(英数字)]
type = checkbox
value = apple # orange # banana # grape
default = orange # grape
label = チェックボックス
[カスタムフィールド名(英数字)]
type = radio
value = 0-9 # 10-19 # 20+
default = 10-19
clearButton = true
[カスタムフィールド名(英数字)]
type = select
value = High # Medium # Low
default = Low
[カスタムフィールド名(英数字)]
type = file
mediaPicker = true
mediaRemove = true
label = ファイルアップローダー

[カスタムフィールド名(英数字)]のところは[Plan]のように英数字でフィールド名を指定します。typeでフィールドの種類を記述し、その他はオプションを記述します。オプションの詳細は、「オプションリスト」に書かれていますので、参考にしてください。

オプションリスト

設定が完了したら、[オプションを更新する]をクリックして反映します。

Custom Field Templateの設定

Custom Field Templateの設定は、カスタムフィールド追加画面の「グローバル設定」で行えます。

`label`がセットされていて、カスタムフィールドのキーの代わりにラベルを表示したい場合 投稿画面でlabelに設定した内容がラベルとして表示
テキストエリアでpタグ、brタグを自動的に追加したい場合 テキストエリアにpやbrタグを自動追加
テンプレート切替時自動で保存したい場合 テンプレート切り替え時に設定を自動保存
初期化ボタンの使用を禁止する場合 初期化ボタンを無効化
保存ボタンの使用を禁止する場合 保存ボタンを無効化
デフォルトのカスタムフィールドの使用を禁止する場合 WordPress標準装備のカスタムフィールドを無効化
クイック編集の使用を禁止する場合 クイック編集を無効化
編集リストページのカスタムフィールドカラムの表示を禁止する場合 投稿一覧でのカスタムフィールドの表示を無効化
ボックスタイトルをテンプレートタイトルで置き換える場合 カスタムフィールドウィジェットのタイトルをテンプレートタイトルに変更
テンプレートごとにボックスを配置する場合 テンプレート毎にウィジェットを配置
ショートコードをウィジェットで使用したい場合 ショートコードをウィジェットで使用
ショートコードを抜粋で使用したい場合 ショートコードを抜粋で使用
jQuery バリデーションを使用したい場合 jQuery バリデーションを使用
右カラムの広告を隠す場合 広告の非表示

あとがき

Custom Field Templateの詳しい使い方については、カスタムフィールドテンプレートマニュアルに掲載されています。有料のサポートもありますので、困ったときはサポートを購入しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。