Instagramの投稿をサイトに埋め込むことができるWordPressプラグイン「Instagram Feed」

Instagramの投稿をサイトに埋め込むことができるWordPressプラグイン「Instagram Feed」

Instagramの投稿をサイトに埋め込むことができるWordPressプラグイン「Instagram Feed」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram Feedは、Instagramの投稿をサイトに埋め込むことができるWordPressプラグインです。

WordPressの管理画面上からInstagramにログインして、画像サイズやレイアウトなどを決めたら、ショートコードで簡単に埋め込むことができます。

スポンサードリンク

Instagram Feedのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Instagram Feedをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Instagram Feedを有効化します。

Instagram Feedの使い方

左側のメニューに追加される[Instagram Feed]にアクセスします。[Log in and get my Access Token and User ID]からInstagramにログインして、取得した「Access Token」と「User ID」を入力します。

Instagramへのログイン

[Customize]タブでは、埋め込む投稿のサイズやレイアウトなど、詳細なカスタマイズ設定が行なえます。

埋め込む投稿のカスタマイズ

General 画像のサイズ
Layout レイアウト
Photos 画像の並び順
Photo Hover Style ホバーした時のスタイル(Pro版のみ)
Carousel カルーセル(Pro版のみ)
Header ヘッダーやテキストの表示
Caption キャプション(Pro版のみ)
Likes & Comments いいねとコメント(Pro版のみ)
Lightbox Comments Lightboxコメント(Pro版のみ)
‘Load More’ Button 投稿をさらに読み込むボタン
‘Follow’ Button フォローボタン
Post Filtering 投稿のフィルタリング(Pro版のみ)
Moderation モデレーション(Pro版のみ)
Misc カスタムCSS・カスタムJavaScript

[Display Your Feed]タブでは、サイトに投稿を埋め込むためのショートコードおよびオプションが確認できます。

ショートコードの確認

以下のショートコードを投稿や固定ページに挿入すると、Instagramの投稿が埋め込まれます。

[instagram-feed]

各種オプションについては表に記載されています。かなり豊富なオプションが用意されていますね。

あとがき

簡単にInstagramの投稿をサイトに埋め込むことができますね。

InstagramにはFacebookのように投稿をサイトに埋め込むツールが用意されていないので、WEBサービスを使ったりAPIを使ってサイトに埋め込む必要があります。WEBサービスだと自由度が低いし、APIを使うと実装が面倒です。

Instagram Feedを使えば実装も簡単ですし、レイアウトなど自由にカスタマイズできるので、いいとこ取りなプラグインですね。Instagramの投稿をサイトに埋め込みたい時は、ぜひお役立てください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。